各種スピードテストを使う際の小技

(特に)Windows 10で実効速度10Mbps未満の低速な環境で妙に数字が少ないと感じる場合に

特にWindows 10の場合、バックグラウンドプロセスが多くの帯域を使用している場合があります。

このような場合、Webブラウザ上では思ったよりも低いスピードとして表示されることが多々あります。

回線の帯域を見たい場合は、[Ctrl]+[Shift]+[Esc]を押してタスクマネージャを起動し、パフォーマンスタブを選び、その後スピードテストサイトにアクセスします。

測定中に使用しているネットワークアダプタの指し示している数値が回線の実効速度となります。

タスクマネージャー
こごぷろIPチェッカーに戻る
(C) 2016-2018 こごえぷろじぇくと